へなちょこ主婦による   きまぐれなお料理日記


by momo-ranger
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

南仏料理です。野菜の煮込みです。
日曜日の夜は煮込み料理を作って、
月曜日の帰りが遅くなってもいいようにすることを思いつきました。
秋になってから野菜が安くなって、たくさんあったので、
野菜たっぷりのラタトゥイユを作ってみたのでした。
 
*材料*
 コンソメ、ベーコン、ニンニク(あれば)
 玉葱、じゃがいも、なす(ズッキーニが本当)、
 トマト(なければトマトの水煮でも)
 あとは洋風煮込みにあいそうなものならなんでも。
 (にんじん、ピーマン、カボチャ、など)
 
*作り方*
 ①野菜を大きめの一口大に切る。
  ベーコンは1センチの幅に切る。
 ②オリーブオイルを熱し、ニンニクを焦がさないように炒め、
  ベーコン、玉葱、根菜、その他の順で炒める。
 ③コンソメ、ワイン少々を入れ、蓋をして蒸し煮にする。
 ④やわらかく煮上がったら、塩胡椒で味を調える。
 
※水は入れずに作るのがポイントです。
※バジルやオレガノ、セージなどのハーブを入れると
 より一層雰囲気がでます。
[PR]
by momo-ranger | 2005-11-14 20:52 | 洋食

ポテトサラダ

 
a0054714_20294973.jpg

 
別に得意料理というわけではありませんが、
北海道の伯母様から男爵をいただいたので、
作ってみました。
家人は何も言わないので、自分で言います。
美味しいです。芋もサラダも。
 
*作り方*
①皮を剥いて小さめに切る。 気持ち、薄目に。
②耐熱ボウルやレンジ用調理具で5分ほど加熱する。
③ボウルに入れて、熱いうちにつぶす。
④味付けをする。
 塩、胡椒、甘酢(うちではすし酢)、牛乳を入れて混ぜる。
 牛乳のかわりにヨーグルトでも美味しい。
 顆粒コンソメやフレンチドレッシングを入れるとコクが出る。
 あらかた味付けをしてから最後にマヨネーズであえる。
 
※具を入れる場合はマヨネーズの前のタイミングで。
 具は今日はベビーハム。
 わたしはベビーハムなど好きじゃないけれど、
 「グルメ」な家人が大好きなので。
 ある年代以上の人には魅力があるのかも知れず。
 わたしの好みは炒めたベーコンとゆで卵とさらし玉葱。
※マヨネーズを入れる前に味付けすることで
 マヨネーズが少なくて済む。酢を入れることがポイント。
 経済的かつヘルシー。(多分)
[PR]
by momo-ranger | 2005-11-05 20:12 | 洋食

チキンスープ

これも夫の好みのスープ。
スープになかなか合格点を出してくれなかった。
「長崎は鶏だしが多いからね~」と言っているのを聞いて作ってみると、
やっと合格。うちではもっぱら鶏だしです。
チャンポンのスープにも最適です。
 
*作り方*
①沸騰したお湯に鶏肉を入れてゆでる。
②鶏肉をとりだし、灰汁をすくって、
 塩、こしょう、しょうゆ、だしの素などで味付けして完成。
 
※もちろん、具はなんでもいいのですが、ねぎだけでもOK。
 とりだした鶏肉はサラダなどに使います。
 部位はなんでもいいけれど、わたしは胸かささみが好き。
 チャンポンのスープにするときはももにしてます。
[PR]
by momo-ranger | 2005-11-03 21:00 | スープ

うちのカレー

結婚して初めてカレーを作ったとき、
なんと、おいしくないと言われました。ショックでした。
カレーなんて誰にでもおいしくできるものの代名詞ではありませんか。
 
「そば屋のカレー」が食べたい、というので、
だし汁で野菜を煮てからカレールーを入れてみると合格点をもらいました。
 
*材料*
   適宜(いんちき~) ルーは3~4皿に1かけくらいでよい。

*作り方*
①肉(があれば)を炒める。
②野菜を炒める。
③水を入れ、白だし、みりん、塩、しょう油などで調味する。
  薄目のスープとしてそのまま食べられる味付けにする。
④灰汁を取りながら、柔らかくなるまで煮る。
⑤カレールーを入れる。(4皿分にひとかけらくらいでよい)
⑥ルーが溶けたら、水溶き片栗粉を入れて、とろみをつける。
 
※③でしっかり味付けしているので、カレールーが少なくてよい。
 よって、ヘルシーです。(多分)
※長崎の人は若干甘みを好むようなので、うちはみりん多めです。
[PR]
by momo-ranger | 2005-11-02 23:12 | 洋食